脳梗塞の後遺症を知る|早期治療を受ける!

脳の血管が詰まる病気

頭を抱える男性

脳梗塞は脳の血管が詰まったり破れたりして脳の細胞が死んでしまう病気です。助かっても半身不随などの後遺症が残るので、早期治療が必要です。脳梗塞の特徴は前兆がある点です。身体の半身がしびれたり、ろれつが回らなかったりした時はすぐに診察を受けることが大事です。普段の生活習慣を見直すことで予防できます。

Read

生活習慣病が原因

頭を押さえる女性

脳梗塞は脳の血管が詰まって脳の組織が壊死することによって発症します。生活習慣病が原因となりますので生活習慣の改善が必要です。脳梗塞には前兆がある場合がありますので、前兆があったら専門医診察が必要です。発症したら早い時間で病院に入院することがその後の社会復帰の可能性を大きくします。

Read

脳動脈に詰まる

診察

脳梗塞は脳の動脈に血栓が詰まっておこる病気です。心臓でできた血栓が詰まることもあります。この病気を発症する前には、前兆があるといわれています。前兆的なものが起こったら躊躇なく医師の診断を仰ぐことが大切です。

Read

危険因子と特徴

病院

生活習慣が発症に大いに関連している脳梗塞は、日々の生活習慣のちょっとした油断によって発症リスクを大いに高めてしまいます。脳梗塞の危険因子として肥満があります。肥満自体が発症リスクを高める原因になりますが、肥満が更なる危険因子の発生を招きます。日常生活において、暴飲暴食は避け、特に高脂質の物は食べすぎないよう注意しましょう。最大の危険因子となっているのが高血圧です。先に書いた危険因子である肥満は高血圧を誘発する原因にもなります。高血圧と脳卒中には直接的な因果関係があり、血圧が高ければ高いほど、脳梗塞の発症リスクは高くなります。高血圧の原因となっている代表的なものは塩分です。塩分の摂りすぎには注意しましょう。

脳の血管が何らかの原因によって突然詰まってしまったり、血のめぐりが極端に悪くなってしまい、詰まった部分から先の脳細胞が壊死してしまうのが脳梗塞です。脳梗塞は突然症状を発するのが特徴で、主な症状としては片側の麻痺や言語障害があります。脳梗塞は特に緊急性が高いというのも大きな特徴です。何故なら脳細胞は一度壊死してしまうと、通常は二度と機能が回復しないからです。最近では処置が早ければある程度機能が回復する事がわかってきています。また、脳梗塞は治療が成功しても、重大な後遺症が残りやすいというのも特徴です。この後遺症をいかに軽いものにするという点においても脳梗塞はいかに早く処置をするかが大切なのです。ろれつが回りにくい、体がしびれるなど、いつもはない症状が現れたら、早めに医療機関を受診しましょう。